2009年5月31日日曜日

【土曜】明日はニーティングです

5時ころに寝て、12時半に起きる。

その後、スパーリングクラス。

疲れたまってる。

その後、少し寝て、練習行こうと思ったが、やめて、ウエイト。

明日はNPOのニーテイングですが、参加者5,6人と少ないので、説明はざっとして、おのおの少し前よりは深く話し合いにしたいと思います。

2009年5月30日土曜日

【金曜】

5時に寝て、10時半に起きる。

午後から、朝霞の指導2クラ。

その後、すきやで食って、練習に。

2009年5月29日金曜日

【木曜】

何時に寝たか完全に忘れた。
起きたのも忘れた。

選手クラスは自主トレだった。
先輩にミット持ってもらう(持ち合い)。
その後、ウエイト。

松屋。

2009年5月28日木曜日

摂食障害当事者によるサポートネット始動/栗本薫さん…。/北朝鮮

石川・金沢に事務所を置く、摂食障害当事者によるサポートネットづくり
「あかりプロジェクト」

の事業の一つ「未来蝶.net」が一部公開されました。

当事者による、当事者支援の試みに関心のある方は、見てみて、気づいたことがあれば感想など送ってあげてください。
(ブログ)

edge(社会起業コンペ)の意気込みビデオ(みじけえ~^^;)


--
栗本薫さんが亡くなった。
「タナトスの子供たち」他、別名義で書いている評論を読んで、サーガシリーズなど、本業(?)はほとんど読んだことがないのだが。

やおい、オタク、摂食障害等が「承認不足」から生存適応した状態であることを当事者に近い視点から喝破し、作品もどこか「認められることを諦め続けても、なお戦い続ける」という、なんというか、ある種暗く切ない炎の燃えているような世界観だった。

彼女が亡くなって、上に書いた「あかりプロジェクト」等の当事者による具体的な生き方が提示されようとしている。
時代は、動く。

時代を導いてくれた、巨星、堕つ。
乙。

--
北朝鮮のニュースを聞くたびに「この国は自傷国家だ」と思う。
前世紀まで、飢えの限界にいて、どこの国にも助けを求めることもできずに、餓死者を出しまくっていた。
それは「自傷」そのものの姿に思えた。
当時、雨宮処凛などが、あの国に同情的で味方をしようとしていたが、彼女のAC的感性が「同類」として感鳴したのだろう。

そして今、ちっぽけな核やミサイルを武器に、各国を威嚇して、どうにか少しでも有利な位置に立ちたいともがいている。
それは、秋葉原にナイフとレンタトラックで突っ込んできた加藤を連想させる。
加藤も北朝鮮もまた、人間の、国際的な、孤独の中「誰も助けてくれない、自傷はうんざりだ!」とナイフを手に脆弱な暴力性を外に現したのだろう。

世界も、日本も、北朝鮮や加藤に対して
「制裁」することしかできない。

対話のできないほどに追い詰められた相手。

コミュニケーションをとり、共に歩んでいく方法を、まだ世界も日本も私達も、知らない。

--
3時に寝て、10時半に起きる。

昼から、池袋のクリニックでの空手指導。
今日はスパー希望者たちは、受けの組み手をやってもらった。
1ヶ月ほど、これをしていくつもり。(落ち着いて受け返し)
型のほうは、相手をつけて、セオリーどおりに、受け返しをローテーションでやってもらった。

牛丼食って、髪を切る。

ミットクラス。

定食食って、さやの湯行って、今。

2009年5月27日水曜日

格闘技道場は居場所

1時過ぎに寝て、9時ころ起きる。

走る。

ネットで作業。

午後から川越指導。

その後、自主トレ。

帰って、今。


格闘技の道場(ジム)では、コミュニケーション能力なんてなくていい。
頑張って練習していれば、認めてもらえる。

話さなくても、パンチの強いやつが認められる。
試合で勝てば、自分一人だけの力ではないと知る。
負ければ、自分一人の試合ではないと知る。

そしてなにより、練習や試合を頑張った自分を認めることができる。

痛いことが、それに耐える自分を作り出す。
耐えられ、その先に進める自分に出会う。

居場所のなかった、はけ口のなかった人間が、格闘技道場に来る。
そして洗い流す。
世間というこびりついた垢を。
見つけ出す。
自分の本当の本音を。

しゃべらなくても、練習していれば仲間ができる。
認めてもらえる師匠がいる。
試合に出れば勝ちたいやつができる。
そして、本当の自分の欲望に出会うことができる。


勝ちたい!勝ちたい!
でも何に????


きっとそれが格闘技を続ける理由なのかなあ…。

わからないよ。

荒木一郎/Midnight Blues

島谷ひとみ/Destiny~太陽の花~

2009年5月25日月曜日

島谷ひとみ/Garnet Moon

大黒麻季/夏が来る

渡辺美里/夏が来た!


5時寝、11時起き。

レンタル空手家。

メモ:
■スポーツ保険
■mixiスパーリングパートナー募集

6時から川越指導。

行動の履歴が自信を生む

8時に起きる。

全日本2日目。
僕はもうセコンドだけど。

静岡Yクンは勝ちあがって、ベスト4まで入った。
そして優勝者に負けた。

優勝者は今回図抜けていたよ。

しかし、当たり前だが「本気」がわかるいい試合だった。


本気だけが前に進むことができる。
気持ち。


応援に来てた後輩と、体育館の側にある公共のスポーツセンターに行って、ウエイトしてくる。

8時半の新幹線で帰り、今。


行動だけが、ものを言うことができる。

僕の中では。

行動しないやつが、何を言ったってちゃんちゃらおかしい。
それは、他人のことではなく、自分自身のことについてだ。

行動あるのみ。
失敗しても、それは履歴となって必ず自信へつながる。

自信は本気につながる。

本気だけが、前に進むことができる。

【土曜】全日本W制・二回戦負け

mixiコピペ。

二回戦負けしました。

今日はマイミクの、のび太さんが、応援に来てくれました。
ありがとうございました。
負けてしまってすみませんでした。

一回戦は、大阪の25歳黒帯。
パンチ蹴りまんべんなく前に出てこようとしつて、圧力はちょっとあった。
本戦は、僕もパンチローヒザで応戦していたが、引き分けになった。
少し落ち着いて相手の攻撃を受けてみたら、そこまで痛くもなかった。
なので落ち着いて受け返し、腹を集中的に狙っていった。
胸で散らして、下突き、ヒザ。
圧力はあったので時々ステップでまわったが、だいたい攻撃も入っていた。
判定勝ち。

二回戦は、広島の30代の黒帯。
パンチが、かなりあった。それに加えて胸元に押し込んでくるパンチなので、押されて二回ほど場外に出てしまった。

結論を言うと、何も出来ずに完敗だった。
パンチに合わせてヒザを入れようとした。
一発目は入るのだが(打たれ強くはなさそうだった)、連打が結構早いのでその後バランスを崩される。
ローは出す余裕がなかった。
接近してヒザの連打も、結構すぐ審判に引き離される。
下突きは、相手のほうがパンチがあるので勝負しなかった。
僕のステップは遅いので回り込まれた。
胸パンを身体を横にしてスカしてみたはいいが、僕の次の攻撃に繋がらなかった。
最後、上段ヒザを狙っていったが、もつれて時間切れだった。

判定負け。


実は、こういうパンチオンリー(胸元に体重かけてくる)相手は、全関東でも負け、かなり落ち込んだ。

その後、彼はユースの子に勢い負けした。

僕の手数足数、スピード、腹への直突きが足りなかっただろう。
あと、足の威力も。
…多いな…


今回練習パターンを少し変えたのだが、続けていくつもりだ。
プラス今回の課題を入れて。

--

静岡支部の18歳の子が勝ち上がった。
ベスト8入り。
2日目へ。

サラリーマン金太郎マネーウォーズ編ブックオフで買って、ホテルにこもる。
1時ころ寝る。

【金曜】

11時ころに寝て、7時に起きる。

走る。

シャワー浴びて、準備して、接骨院に行き、新幹線で大阪へ。

豚インフルが怖いので、ほぼ出歩かない。

牛丼食って、12時ころ寝る。

【木曜】

トンかつ食いに行ったっけ、夜。

たぶん家で休んでた。

【水曜】

昼からクリニックの指導。

疲れてて、家に直帰り。

夜、走って、シャドウ。

【火曜】

完全に忘れた。

夕方川越の指導行く。

選手クラス。
押し合いとか。
ミットのみ。

2009年5月19日火曜日

ニートのための「完全家出マニュアル」

ヒキ問題は、家庭問題である。

これは僕が、何十人、もしかしたら百いってるかもしれないが、メンへらやヒキと付き合ってきて、出ている結論だ。
今のとこ。

家にヒキらせるだけの資産のある家だけが、ヒキを生む。
イネイブラー(2ちゃんで言う”毒親”)とかは、その次の話だ。

たとえば、僕の持っている一人の生徒に聞いた。
彼は最近、数ヶ月前にはじめたバイトが嫌でしょうがない。
そこで聞いた。

「何のためにバイトやってるの?」

生「自立の一歩になるかと思って…。でも明日行きたくなくてしょうがない」

彼は仕送りをもらってるのだが、その一部をバイトで負担することになった。

「バイトやめたら、金銭的にはどうなるの?」

生「親が…その分送ってくれると思います(苦笑)」

「それだったら、何のために稼いでいるのか、よくわからなくなってやる気がなくなるよね」

彼は、もう最近ではわかっているのだが、親が、彼を自立させない。

彼が頑張っても、結局やめたら、親がその分また払ってくるのだ。

これは僕の場合も同じだって、よくわかる。

「いっそ、『お父さんが倒れて、家が金銭的に苦しくて、もう仕送りは家賃分しか送れないのよ!』とかってなったほうがいいよね?」

生「そのほうが全然がんばれますよ」


ヒキ問題が、ぶっちゃけほとんどはヒキ自身には責任はないと思っている。
ヒキ自身のせいではないということだ。
彼を、ヒキれるだけの環境を作っている親がほぼ全ての原因だろう。
ヒキを本当にやめさせたければ、家から追い出せばいいのだ。

それを、延々と金を出し続ける(ヒキ自身への関心はない)ものだから、ヒキは延々と「ペットの自由」という苦しみを味わい続けることとなる。

この悪循環から、逃れるのには、僕は個人的には
「循環の輪から出る」
のが一番早いと思っている。

家から出るのだ。

もう親のほうから連絡もつけられないほど。


僕は彼に言った。

「~一部戦略のため略(mixi・「友達に公開」には書きます)~…貯金にまわせばいいよね。
目標額と締め切りを決めておく。
1年間で、100万、とか。
まず親から離れるために必要なもの。

保証人のいらない住居、もしくは保証人協会。
ゲストハウスはてごろ。
それを探しておく。
安いほどいい。
身分証を、扶養のままの保険証を別にしてもらってものでもとりあえず最悪いいから、ひとつは必ず作っておく。
3ヶ月ほどは、バイトができなくても暮らせるだけの貯金額があればなおよし。
焦らずにバイトを探せるから。
そして、親や、親に連絡してしまうような今までの友達とは離れるので、それまでに『親の知らない友達』を作っておこう。
今までは、嫌でも親や地元の友達に相談するしかなくて、無関心な説教と札束で頬をはたかれてきただけだったけど、これからは、そうでない人に相談するしかない。
信用できる大人を3人は見つけておけ。
そして友達。
いればいるほどいい。
僕でもいいし、スパーリングで出会った人でもいいし。

それが、締め切りを決めて、貯蓄をしながら同時に進めておくこと。

親から離れるということは、自由を得るのだけれど、その瞬間、新たな不自由を背負うことでもある。
でもそれを選び、より自分の人生にとって良い環境を作っていけるか。
それが人生の戦いかもね」


おおむね、今書き出していることは、以前僕が「完全家出マニュアル」(メディアワークス)を読んで実行し、その中に書いてあったことを知らずしらずなぞっていた。

経験者から言うが、あの本は本当にリアルに即して書かれていて、偉大な本だった。


多くのヒキやニートにとって「自分の意思で物事を決め、そのように進んでいける人生」とは悲願であるように思える。
なぜなら、それこそが「自立」だからだ。
誰のせいにもしない。

しかし、それを阻んでいるものが、他ならぬ、今までほとんど、彼らの元で過ごして育ってきた『親』であることが多い。

親は変わらない。
それはもうわかっていることだと思う。

それなら、そこから脱けてやるのが、親孝行、だろう。
最後の。


ニートやヒキにとって、家出は悲願であることが多い。
家の中にいるままでは、選択肢すらない家庭の中に、彼らはいることが多い。
それを自分で選んで、脱したいとおもうなら脱して
それに必要なものは、体力だったり、知恵だったり、バイトを続けるのに励ましてくれる友達だったりするのだが、そういう、彼らの望む「自立」にととって”伴走”できる友達であれるだろうか?


「いつまでも甘えてるなよ」
とか、もう本当にウンザリな無責任な(だからといって”甘え”から抜け出すことには決して手を貸そうとしない)野次を言う者たちから離れて。


ニート・ヒキ問題は、僕たちが伴走にふさわしい友達であれるかどうか問題でもある。
ニート・ヒキを語る前に、彼らにとって、自分自身が「良い友達(相手の試行錯誤にできる範囲で付き合える、出来る程度の責任を一緒にとれる)」なのか、自問したほうが良いだろうと思う。

弱いものを責めるのは簡単だ。

しかし、自分自身を省みることは、礼の出来た人間でなくては出来ない。



--

まあ、そんなことを…

5時に寝て、11時に起きる。

走る。

洗濯×2。

2時から、レン空生徒のとこに行って、まあ上記のようなことを。
目標であった「自分と同じ程度のレベルの相手とのスパーリング」が終わったので、今度は最終的な目標を立ててもらった。
「卒業に向けて」だ。

ひとつ、思っていたことを話、乗り気だったので実行してもらう。
おいおい、書く。

話す時間を半分くらいとってしまったり、手や足を小さくケガしていたりで、基本やシャドウ中心にやる。
あとヒジ、ヒザとか。


夕方、上尾の指導に。


終わって、牛丼食って、帰りにさやの湯行って、帰って今。

【日曜】子どもの試合

4時過ぎに寝て、11時前に起きる。
で、12時半くらいに関内の横浜文化体育館に子どもの試合の応援に。

まだほとんどの子が試合終わってなかった。

一人は準優勝。
強くなったね。

一人は3回戦負けか。

もう一人、準優勝の子のお姉さんは、中1だったけど中学生の部で準決勝まで行けて、強い有名な子に負けた。
痛かったらしい。
あまり少年部で「痛い」ということはないのだけど、さすが中学の上級クラスになってくるとな。

早々に帰る。
用事があったのだがなくなった。

なんか疲れて、ベッドで横になっていたら、夜の10時ころになっていた。

うだうだして、結局仕事はしないことにして、また寝れなくて、明け方、5時過ぎくらいか、に寝つける。

【土曜】

んー4時ころに寝たのかなあ。
そんで12時ころ起きる??

スパーリングクラス。

その後、体育館で自主トレ。

帰り道で魚のタタキの定食食って
んー忘れた。

2時ころに寝ようと思ったけど、寝付けたのが4時過ぎとかだった。

2009年5月16日土曜日

ゴミ虫の俺が上ろうってんだ

同じゴミ虫のお前らが、力を貸してくれたっていいじゃないかい!!
(本宮ひろ志「大いなる完」)

昨夜あたりから、思っていたのだが…。

社会起業家、とやらの素敵な方たちのブログを見ていると
世界が違う。
以前、社会起業家たちを取材して雑誌に書いていたころも、やはり、どこか浮いていたような気がした。
個人個人の思いなどは、好きなのだけれど。
彼らの視線は、僕を見ていないような気がした。

僕はいわゆる中流の家で生まれて育った。
親が海外駐在員になって、某銀行の役員をやり、持ち家が某ハイソ区に2つあったりしてまあ中の上なのだったろう。

だがいつも違和感を感じていた。
自分が高校3年生の時、進路に違和感を感じて、大学のゼミなどにもぐりに行ったりしていたころも。
高校は超進学校で、クラスから東大京大が10名ほど出た。
僕はもしかすると学年で唯一進学しなかったかもしれなかった。

そこから僕は「脱落」し、薬を常用するメンヘラになって、完全ヒキ時代を過ごした。
這い上がるのは殴り合い蹴り合いの空手しかなくて、一ヶ月で3回トーナメントに出ていたりした。

友達は、正直下層だった。
どいつもこいつも金がなく、女の子は風俗をやり、依存的な恋愛にだけはまって手首を切っていた。
今も周りには、金のないやつばかりだ。
そして、愛もない。


社会起業家さんたちのブログを見ていると、社会起業家を支援するなんておこがましいらしい。
国や大人たちの仕組みをよくして、上から改革していかなければダメらしい。

しかし、俺のまわりの中卒・ヤンキー・シングルマザーのやつらこそ、社会起業家的システムを最も欲しているし、だからこそ、社会起業が普通の人でも支援できる仕組みを作ったほうが良いと思うのだが、どうなのだろうか?

「社会起業」は選ばれたエリートのものじゃない。

あなたたちが、勝手に「ソーシャル・アントレプレナー」とやら名前をつけただけで、本当は貧しく社会的に力が無く抑圧されているがために不自由な生活から脱けられない人たちのもののはずだ。


「社会の仕組み」を変えるのはタコ壷化したエリートの特権じゃない。


そういった彼らに、親愛をもって僕は受け入れられないだろう、という気が、そのブログたちを読んでいて(もちろん、それより前から、ずっと肌身では感じていたのだが…)したのだ。


受け入れることは強者の特権だが、彼らは何かにおびえているのかもしれない。


「社会起業家」界隈に、僕の居場所はない。
おそらく。

偉い大人にもてはやされたくはない。

僕は、友達たちと生きたい。


おそらく、僕がこのままで受け入れられる場所は
社会起業家界隈には無いだろう。
おそらくは…。




11時に起きて、ずっと飯も食わずにETIC.の「イノベーション・グラント」というスタートアップ支援の助成申請書類を書いていた。

事業計画書なんて書いたこともなかったが、師匠に聞き聞きなんとか書いた。
(読みにくい…)


その間、ずっと社会起業家界隈には(少なくとも今のままでは)認められないのではないか、という思いがあった。
思っていてもしょうがないので、進めて書いたが。


この書いたことは、たぶん、選考からもれたとしても、役に立つだろう。
そう思いたい。

僕を支えるものは、空手と、事業に置いては目標計画だ。

計画は裏切らない。
立てることが大切だと思う。


締め切りの18時近くになって、書きあがろうとしていたら、以前書いた東京ソーシャルベンチャーパートナーシップから一次選考落選の通知が届いた。

まあな…。

俺たちは虫のように這いつくばって、そこから這い上がるのさ。
高い所だけにいる人たちには見えない。
必ず這い上がるのさ。


ゴミ虫の俺が上ろうってんだ!
同じゴミ虫のお前らが、力を貸してくれたっていいじゃないかい!!

(本宮ひろ志「大いなる完」)


提出した後、スパーリングクラスに行って、終わった後ウエイトに行って、中華で飯食って、銭湯行って、今。



そういえば、夕方ころにゲストハウスから女の子が一人旅立った。
話してみると、話が合いそうな子だったけれど、色々僕が忙しくてほとんど話していなかったけれど。

イギリスに行くらしい。
日本は嫌いらしい。
色々聞くが、わかるよ。

イギリスにできれば永住したいらしい。

女の子は、飛べばいい。

海外に行けばいい。

幸せになっていけばいいのさ。


俺は、まだ蠢く。

【木曜】

7時に寝て、7時に起きる。

午後から、整体に行く。
ゆがみを直してもらう。

だいぶ復活してきた。

夜選手クラスに行く。

夜、ETIC.主催のイノベーション・グラントの応募書類を書く。

4時か5時ころ、寝る。

【水曜】

ちょっとおぼえてない。
2時ころ寝たのかなあ…11時ころに起きました。

午後から、2週間ぶりのクリニックデイケア空手指導。
一人がよく言っているのだが「すごいウツの時でも、こうやって体を動かして、スパーリングしているとすごく晴れやかな気分になります」
と、終わったあといつも笑顔で言ってきてくれる。
わかるよ。

だんだん上達してきた。
やはり、素直に体を動かしてくれる人たちは、その時間だけ、いいものだ。

その後、新幹線のチケットをとって、大戸屋で食って、帰って、死んだように寝る。
7時ころ。

2009年5月12日火曜日

若者ナメてんじゃねえぞ!老害団体が!!!

無礼すぎて、パネル蹴ろうとしてきたが、思いとどまった、俺乙。

11時に寝て、11時に起きる。

ちょっと色々寝たほうがいいような状態。

その後、ベッドでずっとうだうだして、川越に指導に。

その後、稽古に行こうと思ったが、オーバーワークを考え、休み。

代わりに、この団体に行ってきた。
固有名詞は出さない。
俺大人だから。

この団体は、俺がコンおに営業で、団体営業をかけている時に、思い当たって連絡したのだが
実は2008年の社会起業サミットにも出演している。

それで最初から「良い団体だろう(社会起業的なミッション重視の活動を理解し、連携の話もすぐには決まらなくてもできるだろう)」と、ある程度考えていたのが甘かった。

「団塊の世代は恵まれていて、それなら他の世代を幸せにする義務があるだろう!ニートやフリーター支援もやっています!だいたいうちの息子もニート期間があったし!」
というミッションやCCCの動画であったし、事業の中には、コンおにと同じ「高齢者や障がい者のデジタルデバイド解消」を掲げていたので
「これは!」と思ったわけだ。

メールフォームも2回送ったり、本メールも送ったり、受付に2回も電話したりして、やっと担当者から連絡がきた。
それで、ざっとこちらの活動を説明し、なぜそちらとなんらか連携したいと思ったかと、連携のアイデアをいくつか話すうち「じゃあ例会に来てください」と。
そこでプレゼンの時間を設けます、と。

その例会の日(今日ね)と時間は、俺が都合悪かったので、直にいつでも都合よろしい時間に会いに行きます、と行ったら
「いや、私だけで決められることでないし、メンバーの人たちみんなに知ってほしいのでぜひ来てください」
と。

そこで、有意や、他のスタッフの子に頼んで、今日7時からの例会とやらに行ってもらったわけだ。


そして、最後の30分だけ間に合いそうだったので「あいさつだけでも」と思って、わざわざ川越から途中タクシーまで使って(だって例会しか会えないとか言うしな!)早稲田まで来たのだが…。

有意から連絡が来て
「例会は続いてるんですけど、なんか居にくい状態だったので、出てきました。マックにいます」とのこと。

行く前に会って「なんかやってることが違うので一緒にはできないとのことです」と言われる。

まあ、どういうことなのか、あいさつがてら聞いてこようと、マックの上の5階のその団体の部屋へ。

狭い、ついたてで仕切られたスペースで、5,6人で例会の最中だった。


すると…

俺「こんにちは!遅くなりましたが、来れそうなんで来ました!シゴトノアトリエの…」

「ああ!」

俺「遠藤です!どうも…」

「ああ、さっき来たから、もう話終わったから、彼らから聞いて!」

俺「あ、ああそうですか!はい、ではちょっと…少しだけお話でも…」

「うん、そういうわけだから!」

俺「え…、いや、挨拶くらいでも」

「いや、彼から聞いて!!」

俺「…いや…」

「じゃあ」

俺「…」

ざっけんなカス!!!!

仮にも代表がわざわざ忙しい中時間割いて、てめえらが「来い」っつった例会に顔出しにきてやってんだろ!!!
呼びつけたのはてめえらだろうが!!
だいたいなんだ!
「連携できない」って話なら、電話で済むだろうが、わざわざ呼び出しやがって!
あげくの果て、挨拶もさせずに門前払いかよ!!!!


俺は、NPOの代表でなく(単体の自営で)、有意たちが先に来て話をしていなかったら、絶対にパネルのつい立蹴飛ばしていただろうな。
もしくは「いやでも、あなたたちが来い、って言ったんですよね?わざわざ来たんですが?」とか不毛な論争の果て、やはり蹴り飛ばして、帰っていっただろう。

しかし耐えた。

そして無言で帰ってきて、エレベーターの中でも蹴り飛ばすのは自重した。

マックに戻ってきて、聞くと、俺が電話で話したオヤジの他にはシゴリエが来ることは聞いていなくてザワついていたらしい。
お前、話くらいしとけよ!
メールが壊れてるのはお前らのせいだろうが。

そして、コンおにの話をしても
「そういう(教える)資格とかあるの?」

挙句の果て、スタッフの子には
「就職するのが幸せなんだよ」


この腐れ老害が!!

なーにがニート支援だ!

今ではやってないらしいぜ。

ちなみに、商店街の町おこしのHPづくりなどやって、収益の1割かを森林保護とかに寄付してんだとよ。

有意が言ってたけど「団塊が恵まれてたから他の世代を助けようというのじゃなくて、自分たちがやりたいことだけやってて、全然ノーブレスオブリージュじゃないですねww」
と。

俺はそれよりも、無礼さのほうが気に食わなかった。

なんでこう、礼儀ができてないんだ。

まず、最初に電話なりではっきり言えよ、連携できず、まったく「やることも違う」なら。
有意はバイトのシフト変えてまで来たんだぞ。
もう一人は埼玉だ。
それを、途中で(しかも15分で)追い出しやがって。

わざわざこっちに来い、というのは、何かそちらのほうにある、っていうことだろうが。
ナメやがって。

プレゼンだけさせて終わり、だあ???
てめえ、CCCの発表の時に、若者や団体はいつでもアポ無しでウエルカム!とか言ってたじゃねえか、口だけ団塊が!!

そんで、なんなの、俺への態度!
なんで挨拶すらさせねえの。
本当に蹴り飛ばしたかったぜ。
ナメやがって。
礼儀のできてない団塊が。
一度戦争行ってこいや!!!
自衛隊でも入ってこい!
体力も無いくせにふんぞり帰った態度の糞が!!!
なーにが、「自分たちが(良いことを)”してやる”」だ!

おめえらみたいな態度のジジイが増えてっからニートも増えるんだよ!!!!!


そんなわけで、まあ教訓みたいのは、あったが、自分の営業リサーチの甘さのせいで、無駄足を運ばせてしまった二人には申し訳ないと思う気持ちでいっぱいだ。

この借りは、営業で返します(-人-)

脱ヒキファイトクラブ@泪橋

3時ころに寝て、12時に起きる。

実は、寝つけなかったり、何度も起きたりしていた。

なので、寝たりない。

実質6時間くらいか。

高田馬場に、2時から「脱ヒキファイトクラブ」


詳しくはこちら。

その後、上尾に指導。

少しだけ自重トレをして、帰る。

早く寝たいと思ったが、12時前になる。

一人休みDAY(城山)

1時半に寝て、6時半に起きる。

10時に相模湖駅に着く。

その後、詳しくはこちら。

帰って、少し寝て、スカイプミーテイングなど。

早く寝ようと思ったが寝られなかった。

2009年5月9日土曜日

【土曜】

2時に寝て、11時に起きる。

スパーリングクラス。

自主トレ行こうと思ったが、行かない。

洗濯。

明日、相模湖から城山コース行って、温泉入ってきます。

だから早く寝よう。

ネットの繋がりもよくないし…。

7時に起きて、あっちに10時前に着けばいいか。

2時間半コースだから、昼過ぎには戻れるだろう。

【金曜】

4時に寝て、11時に起きる。

作業少しして、午後から朝霞の指導2クラ。

すきやで食う。

接骨院。

ウエイト。

少し作業。

2009年5月8日金曜日

ひきこもりのハングリー/2ndニーティング/脱ヒキファイトクラブ

■「ボクシングで引きこもり脱出へ」@朝日新聞大阪

以前取材に行った大阪のラッキースターボクシングクラブの現卒業生が公式試合に出て、朝日新聞に取り上げられてましたー!

彼とは少し話したのですが、真摯なかんじで、今度の7月はぜひがんばってもらいたいと思います!

格闘技こそ、人生を変える力があるぜ!!!!


彼とは、少し話したのだが、記事にもあるように「自分を変えたい」という本当に素朴でシンプルな動機ではじめている。
それは、僕のレン空の生徒もそうだが「チャンピオンになりたい」ではない。
「自分に負けない強さがほしい。今までの嫌だった自分から脱するために」
という動機だ。
「ひきこもりから、もう本当に脱したい」
ある意味この、自分自身の心の貧困を自覚し、戦うことで這い上がりたい!と思うことこそ、きっと現代のハングリーなのかもしれないとも思う。

心の底から「もう自分を変える以外先はない」と思った者が、自分を鍛え、集う場所。
それが道場であり、ジムなのだろう。



■NPOシゴリエ、第2回目ニーティング、5/31(日)にやります。
場所は前回と同じ参宮橋、オリンピックセンター。
部屋もおそらく前回と同じ。

http://meetneet.blogspot.com/
かならず、上記に飛んで、内容を読んでから申し込んでください。


■11(月)の午後14時から、新宿スポーツセンター(高田馬場から徒歩10分)の武道場にて、全員ニート経験ありの、初心者向け格闘技講習会やります(空手・キックボクシング)
僕と、ニート経験者のアマチュアキックボクサーが教えます。

フォームを作ったり、ミットを打つのがメインです。
スパーとかはやりません。

都合で、あと2名ほどのみの募集とします。
現在、僕と、男の子3名、女の子2名が参加予定です。

http://form1.fc2.com/form/?id=412773
に10日の夜までに下さい(先着順)


--
4時に寝て、11時に起きる。

生協の協働や、高齢者事業体に電話をかける。

生協の協働はちょっと…だった。
詳しくはmixiのコミュに書いてある。

その後、水道橋に、今さんに事業計画書の書き方を教わりに出かける。
ステーキおごってもらったのはいいが、タバコがきつい…。
すごいつらかった。

もうタバコダメだな、俺。
ていうか煙草絶滅すればいいのに

その後、帰ってちょい作業して、選手クラス。

今日はキツかった…。
まあ試合前だから、これくらいでないと、なんだけど^^

その後、松屋行って、銭湯。

銭湯人がいないので泳いだりしまくってきた^^

その後、作業。

2009年5月7日木曜日

さてエンジンかけてく

5時過ぎころ寝て、13時に起きる。

昨日の夜は、事業計画書のテンプレとか書き方とか調べてたり。

よくわからなすぎて「うあああああ」な状態に。

夕方はそんなかんじで「どう書けばいいのかわかんない」

ミットクラスに。

松屋で食って、銭湯。

その後、また事業計画書に。

エクセルとかでなく文にする。

自分の生活パターンを、今までの半自営から、NPO収益に転化させることを軸に書こうと。

明日からはぼちぼち電話やFAXなどで連絡を。

ああスカイプ3ヶ月プラン申し込んでなかった!!

営業メンバーの方々、僕のほうからはまだほとんど指示を出していませんが、そちらのほうから、どんどん僕のほうに連絡してきてください!

やることが多くて分担を決めれてないですが、連絡してきてもらった人から、それぞれに合わせてタスクを分担し、行動に移してもらうことも可能です!

2009年5月6日水曜日

ニートクオリテイすぎるwww

2時に寝てさあ、8時半に起きようと思ったわけ。
なにより、起きる時間が大切だから、リズムを戻してしまおう、とね。

そして、8時半に起きて、二度寝。

11時に起きる。

三度寝。

結局12時半に起きたわwww

しかも

その後

5時ころにまた寝w

6時に起きたり。

その後、選手クラス。

僕と黒帯選手もう一人しか来ていなくて
二人でミット持ち合ったり、軽くスパーしたり、けっこう2時間近くやってたか。

ただ、やはり集中すればもっと短く詰めれたかなあ。

その後、カレー食って、自重で筋トレ。

で、今。

2009年5月4日月曜日

充電、完了!!!

12時に寝て、5時に起きる。

丹沢、塔の岳登ってきた。

曇りがちだったが、かなり気持ちよかった。

やはり、体を動かしまくるのは、いい。

そんなわけで、昨日今日とかなりリフレッシュできたと思っていて
シゴリエの活動等他にも、かなりやる気が燃え上がってきたように思える。

下山して、ケンタで食っていたときなど、かなりやることプランが頭に浮かんできていた。

今夜は、まだ動かないが、明日から、GW明けちょい早めに、GW明けから動く準備や、その他のことをいろいろ動いていこうと思う。


--

今日、一緒に登ったやつとも話していて、思ったことだが

体力のあるやつは、体力のないやつを思いやれるが
逆は無理。
体力のないやつは、体力のあるやつのことを、わからない、というか、想像できない。かなりしにくい。

たぶん、そんなに外していないと思う。

まあこれはいろんなことの基礎で
まあ、体力がないやつっていうのは、色んなことがわからない。
いろんなことをやれない。
想像できない。

まあ、格差ってことだろうな。
と思う。
体力格差。

本当に、あるやつの気持ちとか、わからないんだよな。
ないやつって。
あるやつは、ないやつを思いやることは可能だけど。

まあ、体力は生命線だと思うよ。
人生の。

夢の。

希望の。

2009年5月3日日曜日

休みっていいな

2時に寝て、10時前に起きる。

洗濯して、11時半に家を出る。

13時前に本厚木。

続きはこっちへ。


1000円で髪を切って、すきやで食べる。^^;

でも、いつものように「時間に追われている」「やることがまだある」
かんじはない。
明日、やらなきゃ!とか…。

なので休みっていいなと思った。

帰って、今。

  戦争が終わって僕らは生まれた
  戦争を知らずに僕らは育った
  大人になって歩きはじめる
  平和の歌を口ずさみながら
  ※僕らの名前を覚えてほしい
  戦争を知らない子どもたちさ

  若すぎるからと許されないなら
  髪の毛が長いと許されないなら
  今の私に残っているのは
  涙をこらえて歌うことだけさ
  ※

  青空が好きで花びらが好きで
  いつでも笑顔のすてきな人なら
  誰でも一緒に歩いてゆこうよ
  きれいな夕陽のかがやく小道を
  ※

ジローズ/戦争を知らない子供たち

なんか元気/うああキヨシローうあああああああああああああ

キヨシローぅああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

こんな夜に!発車できないなんて!!!!!!!!!!!!!


あああああああああああああああああああああああああ

--
8時に起きた。

諸星大二郎(妖怪ハンター・天の巻)
本宮ひろ志(たけき黄金の国・岩崎弥太郎)
手塚治虫(火の鳥・鳳凰編)

スパーリング

接骨院に行ったが、時間がなくて、受けないで出た。

上石神井で自主練。

筋トレ。

福しんで、チャーハン・ギョーザ・ラーメン・冷やし中華。

まだ空手の稽古もう一個できそう、と思っていたら…。


うああああああああああああああああああああああああああキヨシロー!!!!うああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!



2009年5月2日土曜日

【金曜】

5時寝。
11時起き。

朝霞指導2クラ。

すき屋。

スパーリングクラス休む。
8時寝。

2009年5月1日金曜日

立ち止まった素描画

さだまさし/立ち止まった素描画

5時過ぎに寝、13時に起きる。

接骨院。

体育館自主練習。

練馬の温泉。