2009年2月28日土曜日

野菜いため

3時に寝て、11時に起きる。

スパーリングクラス。

帰りに大きめのフライパンと食材を買ってくる。

帰って、豚肉とキャベツとたまねぎの野菜いためを作る。
自炊はこれが限界。

いや今日は。

まったりタイムに入るので、先に日記を書いとく。

これから適当タイム。



私の人生、人生の夏

2009年2月27日金曜日

死んじゃうかも

     *      *
  *  うそです   +  
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *

いやそうでもない。

結局あれから3時ころ寝て、10時に起きる。

子どもの指導に行く前に、近くの内科に行って、体の不調を見てもらう。

ぜんそくでもない。
レントゲン。
気胸でもない。

呼吸器系でも肺でもない。

胃袋とかあと忘れたけど異常なし。
「とくに何ともないので、心配することはないと思います」
とのこと。

それを聞いてる横で俺すごい息苦しくて、大きな胸呼吸してるんですけど。
胸呼吸しすぎてて、ちょっと胸がいたい気分。

症状的には、フラフラしたり、立ちくらみがひどかったり
すぐに疲れたようになって立ち上がれなかったり
呼吸が浅いような気がして、大きく何度息を吸ったり
あと咳とかは少し出てる。

熱とかはないかんじ。

まさか、とは思うが「じりつしんけいしっちょうしょう」とかいう
エセ病じゃないだろうなと思って少しだけ調べるが
やっぱあれエセ病だよな。

ということにして「死んじゃうかも」とか思いながら
子どもの指導に。

指導してても、気力がないかんじはするが、まあ少しは動けるし、呼吸とかは指導中は感じない。
というか忘れてる。

どうも気持ちがよくないし「ちりつちんてーちっちょうちょう」とか精神的なものだといけないので
整体の予約をする。
来週水曜。

「なんともない」ということらしいので
それにそろそろ稽古しとこうと思っているので
稽古に出る。
スパーリングクラス。

まあ少しスタミナないけど、普通に動ける感じ?
まあ今日強い人いなかったけど。

スパー終わったらまた息苦しさ普通に復活。

まあいいや、どうなるんだろ。

とりあえず様子みながら
ふつうに暮らす。

不調

今日はかなり自分的にダメダメな日だったな。
というか寝てたし。

4時半ころ寝て、10時に起きる。

レン空指導へ。

生徒の足は治って、蹴れるようになってた。
あと生活の変化少し。
まあプライベートなので書かず。

それよりも自分の体調が心配。
帰って、少ししたら医者に行こうと思ってたが
寝てしまって起きたら夜11時だよ。

気管支炎なのか喘息なのかよくわからないけど、胸が苦しくて呼吸苦しい。

さすがに、試合終わってから(本当はちょうど2週間前に飲みに行った時からなんだけど、その時に煙草でいためたかも)ずっと治らないので、今日呼吸器内科行こうと思ってたんだが。

明日か。

そろそろ復帰したい。

しかし謎の抜けない疲れもひどい。

関連してるのかもしれんが。

とりあえず明日午前中に医者に行きたい。

こうなると、人のことよりも、自分のこと超優先だな。

2009年2月26日木曜日

リハビリ2/全日本ウエイト制出ます

結局寝れなくて、3時半ころまで作業してて、寝る。
12時に起きる。

クリニックの空手指導。
スパーを多めにやってる。
でもちょっとこの路線は、またついてこれない(体力不足)人が出そうかな…。
やってくうちにまた考えるか。

髪切って、大戸屋で2人前食う。

道場に試合の申し込みを出しに行く。
新極真第26回全日本ウエイト制

俺の出れる試合の最高峰。

この試合に向けるぜ。

その前に、新極真全関東があるんだがな。

いくぜ。

その後、まだ稽古には復帰せず、体育館のジムで軽くウエイト等。

松屋で飯食って、今。

眠くなったら寝る。

2009年2月24日火曜日

リハビリ、リハビリ!

1時半ころに寝て、11時半ころに起きる。

子どもの指導。

今日は寝る。

にほんブログ村 社会起業家

2009年2月23日月曜日

自演乙観に行ってきた

5時に寝て、13時に起きる。
今日は子どもの指導は無し。

少し、ネットで社会起業系の情報や、格闘系の情報を調べたり、思いつき企画を作ろうとしたりしてみる。

5時から、原宿に行き、長島自演乙選手のK-1デビュー戦へ。

2階席だったが、なんか聞いたことあるボクシングの話題が出るな~と思っていたら
隣に座っていたのが、角海老ボクサーの秋葉慶介選手(フェザー5位)だった。
もう一人、最近バンタムのランカー(7位)になった金沢知基選手。

秋葉選手は、僕が角海老ジムでバイトしてたころ以来。

長島選手のスパーリングパートナーをした関係でチケットもらって観に来たらしい。

ていうか、元角海老のフェザー日本チャンプ渡辺一久選手も、今日出るのだった。

あとちなみに、正道空手のエース、大渡博之選手も出るので、なにげに自分的には馴染み深いメンツのK-1だった。


大渡選手は、我龍真吾と戦ったのだが、まあ、惜しく敗れた。
アグレッシブさとかかなあ、前半勝ってたんだけど。
というか我龍投げすぎだろ。

…しかしK-1パンチ多いなあ。

長島選手は、HAYATOに快勝し、準決勝に行った。
HAYAATOにはいつもの感じで、飛び込み気味の終わらない連打でKO。
秋葉選手が言ってたが「当てカン」があるのだろう。
パンチ自体はそんなに無いと言ってたが、少し変則気味と、当てカンとスタミナあるんだよね。

だが、次の山本優弥戦でドクターストップかかって負けた。

1Rは、少しだけとってたかも。(ジャッジ一人つけてた)
2Rに、連打をしのがれ、逆に接近戦の打ち合いでパンチ(左フック?)をもらってダウン。
3R、連打していくが、逆に合わせられ(たように見えた)押いこまれ、劣勢気味(に見えた)の所を、切り傷で止められ、そのままTKO。

山本選手は、気持ちが強い。
初戦も、TATUJIを延長でしっかり打ち込んで逆転(のように見えた)し、長島戦もパンチをもらうこともあったが、自分の姿勢を保って前に出て手数を出していった。
結局、決勝で小比類巻に敗れたが、逆転の場面も見せて、とても良い勝負だった。

山本選手は、僕が空手をはじめたころから、全日本キックで活躍していて、まっすぐな感じでいいなあ、と思っていて、でもそれから苦労したみたいで、今回惜しいとこまで行っていいなと思った。

あと日菜太は強かった(けど棄権)


長島選手が、グラついて、追い込まれた時、本当に「すべてを失うのかな」という感じを勝手に感じてしまった。
会場のまわりでも「なんだあいつは、負けろ」みたいな小さなヤジはあったし
彼の「ファン」というのは「長島選手でなくても良い(オタクで派手で強いからファン)」というのが、なんとなく僕には感じられていて(勝手な思いかもしれないが)、せつないようなところはあった。

だから、なんというか、「痛い」かんじがして、だからこそ負けてほしくない気持ちはした。

もちろん…
負けて、殻を破ることは(ファンも、本人も)多々あるので、今は、動向を見たいと思う。
まあ立ち上がってはもちろん来ると思うけど、心情的な部分で。


渡辺選手は、勝手な言い方だと、彼の悪い部分が出たかな~と。

以前と、当たり前かもだが全然変わっていなくて
楽しませることをすごくわかっているが、最後まであの展開はちょっと…。
1,2Rは遊びながらも互角、または上回っていると感じたが
3Rはキビしかったと思った。
まあどちらかと言ったら負けかも(延長かもと思ったが)
あれエンターテイナーせずに、まともに行ったら、相手蹴り少なかったからもしかしたら勝ってたかもよ?

まあ彼も今後の動向かなあ…。


小比類巻は、個人的に、少しシンパシーを感じる所も、「さっさと攻めろよ」という部分もどっちも持っているなあ。



なにはともあれ、色々な面で今回はおもしろかった。
長島選手が負けたら、最後までいるつもりじゃなかったが、最後までいたわ。


途中で飯食って、さっき帰った。

審査/ヒキ時代の鬱・屈折ソング

5時に寝て、8時に起きる。

9時ころに道場に。

子どもの審査。
今回20人近く(僕の生徒)受けた。

なんとか見られたかんじではあった。

その後、大人の審査でサバキを久しぶりに5人ほど。

疲れが抜けなさすぎて、飲み会参加せず。
(金無いのもあり)

ハウスに戻って寝てしまう。

その後、頭も働かず、昔聴いていたMDを引っ張り出してくる。
ヒキ、無職時代中後期にツタヤなどで借りて編集して聴いていたもの。

真性ヒキ後期~ヒキりながら空手時代のころか。
さなぎからほんの少し出はじめたころか。

このころ考えていたことだけは正しい。

聞きながら、他にも思い出したりしてyoutubeで探したりしてた。

以下、少しだけ。


氣志團/One Night Carnival

小沢健二/流星ビバップ

オフコース/眠れぬ夜

沢田研二/勝手にしやがれ

来生たかお/美しい女 (町田義人のがなかった)

岩崎宏美/聖母たちのララバイ

ピチカート・ファイヴ/陽の当たる大通り

久石譲/KIDS RETURN    (ニートたけし)

ゴダイゴ/Galaxy Express 999

ピチカート・ファイブ/A Tokyo(東京の合唱)

佐野元春/SOMEDAY

渋谷哲平/われらの旅立ち


6、7時間くらいずっと探して聞いてた。

寝ようか。


--
追記

ヒキニート系とネット上だけだけど、あらためて少しお話などしてみると
親子問題ばっか。

僕から見れば、ね。

権力的な父親と、(収入手段を持たないだろうために)それに逆らえない、もしくは追従する母親。
どちらも自分の支配下(自分の人生のさびしさ、空しさから?)から手放したくないために、子どもに自立させようなんて毛頭考えてない。
「自立」なんて言葉を本気で考えたかどうかもあやしいだろう。

なぜなら、上世代の「自立」という言葉と、今10~20代の子ども世代の「自立」という言葉では、意味が違うことが多々あるからだ。

経済的な充足だけでは、とても自立、とは言えない場合が多い。
自分の人生を自分で満足させる「精神的自立」がなければ、さみしさでヒキをこじらしたり、メンヘラ化することもあるだろう。
自分が自立を望む気持ちと、親に従わなければという、どちらもほとんど無意識下にある願望が矛盾し、支配的な環境におかれ自由がなければ、精神は壊れるからだ。

それを防ごうとするのが「ヒキ」で、矛盾支配状態に過剰適応しようとするのが「メンヘラ」。
かな、となんとなく思っています。

正直、親問題が大きい部分があると思う。
一人暮らしをしていても、自分の中で「親を殺しきれていない(親の考え方を自分が行動しようとする時に考えてしまう)」場合、精神的自立とはほど遠いからだ。

僕は、何年もかけて、家と完全に連絡もつかない状態に離れたが、もちろんすべての人にオススメ、というわけでもないとは思う。
ただ、効果は大きいとは思う。

ヒキ「支援」とかでは、親と子どもを切り離すのが常套、となってる所も多いが(とくに体育会系気味のとこ)、ある意味で正しい、とは思う。

しかし、本当の意味では
「親とか問題にならないくらい、自分の人生で頑張りたい、楽しみたい、と思えること」
を生み出し、打ち込んでいくことなのではないか、と思ったりする。

それをしていくうちに、親の考えからは(突き進もうとすると)自然に離れざるを得なくなるだろう。
ケンカしてでも。
自分の大切にしたい(親よりも!)ものを守るためなら。

ヤンキーたちは、新しい家庭を作りたいと早々に結婚することも多いが、それだけでもないと思う。
第一、そんな「自立したい」理由で産まれさせられる子どもも、そういうのには個人的に賛成しにくい人も多いだろう。

たぶん、上記の「打ち込みたいこと」を一緒に探したり、思い出す作業にできる範囲で伴走したり、一緒に作っていくのが、本当は有効なことなのかもしれない。


だから、本当は、ヒキやニートたちに「自立しろよ!」というものではなく
「俺たち、もっと伴走できるような大人になろうぜ!」なのだと思う。


ちょっと、最近若干もやもやしていたので、書いてみた。

2009年2月22日日曜日

男樹

「自分の根を下ろす場所なんざ、所詮こんなとこだと思ってさ」

僕の大好きなマンガ家、本宮ひろ志さんの「男樹」では主人公がこんなセリフを吐きますが
根のおろしどころ、ってのが命にはあるのでしょうね。

4時か5時に寝て、10時に起きる。

一日中、ネット作業してた。

主に子ども空手の資料や、新しいホームページ作りなど。

ひと段落して、少し寝てしまった。

夜、1のチャットで少し話していたのだが(恒例)
「根の下ろす場所」

居場所、っていうのは、住む家だったり、家族だったり、する人もいるだろう。
たぶん、自分の魂が落ち着く場所、だと思うんだよな。

そんな話を少しだけして、一人になって考えると、たぶん、僕の「居場所」っていうのは場所じゃない。

正確に言うと、稼ぎ方そのものでも本当はなくて、「生き方」に近いようなものだと思う。

ああ、なんだか恥ずかしいな。

ヒキ時代のころ「恩讐の彼方へ」という菊池寛の小説を読んでいた。
大分かどこかの岩山で通れない道を、コツコツとのみで、一生をかけて掘り続ける禅僧かの話だ。
青の洞門、だったけな。

自分の満足行く人生のために、少しづつでもいいから、先へ進んでいきたい、いければと思う。

それしか、ないのだから。

そして、それが僕にとっての「居場所」のような気がする。

清潔で、たとえ金がなくても、自分の思いだけはまっすぐに立て。
世の中のせいにするもんじゃない。自分を磨け。
もし世の中が嫌だったら、自分で変えろ。

人を見る前に自分を振り返れ。
人への憎しみは自分の鏡。

あの頃、思っていたことだけは正しかった。

あそこへ戻りたい。

そういう生き方こそが、安息の気がする。


「宇宙戦艦ヤマト」の沖田艦長は言ってたよな。
「明日のために、今日の屈辱に耐えるんだ。それが男だ」


もうひとつ。
「男とは、命を与えられた死である。それに誇りを与えることが、宿命と名づけられる」(ウィリアム・サローヤン)



この日記は恥ずかしくて消すかもな…
でもそんなこともないだろう。

--

追記

僕は自分で空っぽだと思う。
自分の中に、何もないからこそ、社会に変えられるような人間を生み出すことを
続けていきたいのかもしれない。

社会起業家にシンパシーを感じるのも、一つにはその部分がある。
「俺には何もないんだよ…だけど、だからこそ大きく羽ばたきそうな人間をサポートしていってやりたい」
と言ったのは、コトバノアトリエの山本さんだったか、それとも男樹の登場人物だったか…。

ライターなんてのは、僕はコミュニケーションが苦手なので、それの勉強、修行になるだろうと思ってはじめたことだ。
だから、今だにビビっているのかもしれない。

自分の中には、何もない。
何か「情熱を燃やしつくせるようなもの」など、実はずっと、持ってはいなかった…。
ずっと欲しかったけれど…。

だからこそ、次の世代につながる者を育てたい。
一人でも、夢に燃えて、新しい社会の礎になれるような人間を…。



妄想だよ。

朝になったら、恥ずかしくて消すさ…。



でもそんなこともないかもな。


ララバイ・オブ・ユー

2009年2月21日土曜日

ぼちぼち

「だからあなたもヒキぬいて」
というブログタイトルは昨日一日限りでした。サーセンw
有頂天さんありがとう。

4時に寝て、13時に起きる。

今日は子どもの指導が、一コマだけで、しかも遅い時間だったので余裕なかんじだった。

しかし、終わった後少しヘタる。

しかしぼちぼち回復してる気配。

ゆっくり帰る。

帰って少し作業。
それだけ。


空手やってないと、少し自意識な日記になるかもしれないが、思ったことを。

昨日メッセンジャーで某ニートと話してて、自分のことを話しながら思ったのだが
俺は昔から、はぐれ者だったが、自分なりに居場所を確保しようとしてきていたな、ということ。

ちょっと振り返る。

中学時代だが、寮生活だった。
友達はサッカーやバスケばかりで、僕は球技が苦手だったので、一人ランニングや水泳を来る日もくる日も続けてた。

高校は、最初から「俺の場所じゃないな」とか思ってたので、学外で劇団に入ったり、大学にもぐりに行ったりしてた(自主ゼミとか)

思えば、中学の時摂食障害だったけど(1日に7回くらい大量に食って吐く)、高校で劇団なりやりだした時は元気だった。
演劇方面の道をついえて、発狂しだした。

もう一人の、メッセンジャーで話してたメンヘラーたちは、学校に合わなくなって、居場所がなくなって不登校になりだした、とか言ってた。
僕は不登校にはシンパシーを持ちにくかったのだが、なんとか他の場所や行為を見つけることで、やり過ごしていたのだろうと思う。
(田舎だとこれは難しいだろうな)

結局、僕はひきこもったのだが、この「ひきこもり状態」というのは、結局は社会に対して「このままの自分だと、居場所を持てない」という限界のような場合だった気がする。
今思うと。

不登校の人たちは、脱するために、同じ社会に「再復帰」しようとする。
だけど、結局は「学校」の延長線上のようなもので、また病んできたり、辛くなってきたりする。

僕の場合は、もう限界だった。
逃げ場がなくなっていたから。
演劇にも、同じようなココロ系たちにも、サブカル界隈にも、結局は僕の求めるものじゃなかったし、自傷ばっかしてた自分でも先がなくて宙に浮いてあえいでた気がした。
無理やり盛り上げようとして、実は中身がなくて疲れた、みたいな。

僕の場合、就職氷河期とかまったく関係なかった。
むしろ、ひきこもってたし、知らなかった。

ひきこもってた時代というのは「打つ手がなくなった(今までの自分だと)」という感じだったと思う。

自傷も飽きた、薬もリタリン200錠、ハルシオン300錠くらいあったけどいらなかった。
SMもいまいちのれなかった。
スマートドラッグも、脳をいじるだけで、現実を変える効果はなかった。
イベントに行っても、帰り道「何も変わらなかったな」という索漠感だけが身にしみた。

打つ手がなかった。

僕は、この社会の「外」に出て、生きやすいように生きたかったのだが、もう今までのやり方では限界だったのだ。

ひきこもってたときは、本やマンガや映画や音楽を見まくったが、その中に、なにかヒントはないかと思ってはいた。

でもなかった。

「違う世界」に行くためには、もう今までの自分じゃダメだった。

だから、フルコンタクトの空手をやった。
だから、稼ぎたいと思った。

今までの環境から、完全に離れて。
今までの自分から、完全に離れて。

そうでないと、また同じことの繰り返しになりそうだった。

高校生以前の人間関係は、完全に今の自分とは切れている。
そういうふうに作りたかった。


だから、「社会復帰しなきゃ」とか思う人の気持ちは
わかるようで、実はわからない。
「マトモな世界に戻らなきゃ」という人の気持ちはわからないのだ。

僕は「どうにかして違う世界に生きたい」と思っているから。

本当に、あの世界に戻りたいの?
誰にほめられたいの??

別に、そういう人もいるんだろう、ということで
わざわざその道を止めたりもしない。

ただ、聞きたいだけだ。
「本当に、あの社会に戻りたいの?
誰に、ほめられたいの??」


有意ニートが「僕がニートになったわけ」シリーズを書いていたり
81がラジオで自分の気持ちや昔語りを、ちょくちょく話していたりしたので、書いてみたのかもしれない。
1も書いていたかな。


どんな社会で生きていきたいの?
誰に「よくやってるね!」ってほめられたいの?

にほんブログ村 社会FUCK業家

2009年2月19日木曜日

温泉気持ちよかった/メディア掲載3点

産経デジタル(イザ!ランニング部/ランナーズ・クローズアップ ~あの人も走ってます~)載りました。

あと近く発売の「月刊ランナーズ」に僕の書いた皇居マラソン記事が載ってるはずです。

あとFight&Life vol.11が明日発売されるそうです…いちおう僕の連載最終が載ってますが、この雑誌もやばいのかなあ?
現役格闘家たちには、過去現在で一番評判いい雑誌なんだが…僕の知る範囲。


2時ころ寝て、12時に起きる。

さやの湯最高。

三田線で、一本、5,6駅くらいのところにあるのだが、すごい気持ちよかった!!
いちおう温泉らしいです。
スーパー銭湯ほとんど行ったことないから楽しかったってのもあったが、露天風呂気持ちいいなあ。

岩盤浴もやってきました。

晴れてて気持ちよかったってのもあった。

2時間ちょいくらいいたのかなあ。

さすがに、少し元気になった気がしてきました。

その後、高島平の小さな植物園(+水族館)に行ってきました。
小さすぎ(笑)
閉館間際で僕以外いないし。

その後、もう暗くなってたけど、同じ高島平の赤塚公園に少し散歩しに行きましたが、広すぎて途中でひきかえしてきました。
もう完全に夜になってたし。

最寄り駅に帰って、トンカツ(コロッケ)食って、今。


楽しいデートでした!!


でも…これ…、一人なんだぜ…


楽しい一人デートでした!!


たまには気をつかわなくていいです。


今日は、まだ稽古には行かず
ネットの作業をする予定。

そして寝る。

にほんブログ村 社会起業家

2009年2月18日水曜日

あうあうあーおぎゃ

21時ころ寝て、3時に起きて、6時ころ寝て、13時前に起きる。

13時に起きて、また起きれない。
というか、遅刻ギリギリ。

なんとかクリニックに。
NHKの人がリサーチに来てた。

実習生の人がいると、少し雰囲気が変わる。

でもまあやってくうちにみんな笑顔なんだな。

ボデイタッチのコミュニケーションだから。
格闘技は。

とりあえず、最後に防具を結構装備してもらって、6人ほどには、ローテーションでスパーリングしてもらった。
1R1分だけど。

他の人たちはパンチの攻防とか。

で、やっぱり「燃える」とかいう意見が後で聞かれた。
まあぼちぼち、やってこう。

その後、少しNHKの人と話して、4時からレン空生徒。

家について、もういきなり寝転ぶ俺^^;

「本当適当ですね」とか笑われる。
本当すみません^^;

疲れがやばいので、しばらく話をして、
ピー
この後はプライベートなので、レン空の本を出すときにでも書きます。

しかし今日は画期的だった。
空手以外のことで。

まあ少しだけ書くと「営業電話」を彼が目の前でした。
10件くらい(笑)
営業電話とは、自分を「売り込む」ことなのだが、もう書かない(笑)

彼は極度にプライベートを出すことをおそれるので。
尊重。

いやあ、しかしすごかった。

まあ、うふふ。


空手自体は、それで時間をとられまくったので、パンチの基本とミットを30分くらいだけした。
しかし、それにも増す成果。


まあいいや。


その後まぐろラーメン食いにいったのだが。

もう、一歩歩くごとに立ちくらみ。

食った後胸やけがひどいし(別にラーメン自体のせいじゃない)

もう帰るまでおぼえてないよ。

その後、もう一件ちょっとした作業をしていたが、それしながらもう
うひひ、とか笑う。

なんとか完了。


もう、なんでこんなひどい状態なの。
やっぱ彼女いないから?


もう寝るのだけど寝れるの


明日は温泉行きたいけど温泉まで行けるの歩けるの

ベッドで一日中かもしれないよ

でもいいよ

もう動けないならいいよ

もういいよ

にほんブログ村 にゃかいににょうか

2009年2月17日火曜日

木曜は温泉だ…

2時ころに寝て、30分ほどして起きて、5時ころに寝て、12時に起きる。

子どもの指導。

もうフラフラだよ。

もう昨日からなんだけど、昨日も風が強いのに、どうしても川原に寝転びたくなって、指導前にそこで寝てたり(風で土だらけ)、もうクラクラ立ってられない頭がグラグラするくらい疲れ。

限界で、このまま予定どおりに生活できたら疲れを抜けなくて辛すぎるので、木曜に入ってるレン空を水曜にしてもらって、木曜をまるまる空ける。

そして温泉にでも行く。
近くの神奈川あたりの温泉とか。
名前出てこねえ。

もう帰る時もつらすぎて、ずっとシェイクすすりながら移動してたり。
甘いものだから?

やっと家に帰ったよ、今。


もう寝たいけど、寝つけなかったりして。


でももう寝転ぶんだ。

温泉に行くんだ、で、もう考えたくないんだ。
明日、予定と作業をつめて、一日、木曜休みにするんだ。


今日はうがいして寝るんだ。

くらくら、ぼーとして何を書いてるのかよくわからないんだ。

2009年2月16日月曜日

世間、ざまああああ!!!

1時半ころに寝て、11時に起きる。
でもまだ寝たりない、というか眠い。

子どもの指導。

子どもの指導の後、来年度から幼稚園が使えなくなるので、体育館の登録に、わざわざクソ遠い体育館までバス乗り継いで行く。
風が強くて、砂まみれだぜ今日は。

で、なんとか登録してきて、帰りにふと思って、登録に必要だった運転免許証を見たのよ。
「いつが書き換えだったかなー」って。

もう過ぎてる!!
もう過ぎてるよ!!!!
もう一月も前に過ぎてる!!!!!

がびーん、となって、しばらく歩いていたが、
「まあ面倒くせえよなあ」とか「免許証なくなるのかなあ、そしたら身分証どうすんのかなあ」
などと考えていた。

免許がなくなったら、俺の身分を保証するものは、ない。
実は、保険払っていないので、ない。

実は、家出っ子なのだ。
もう3年になるか…。

家出というか、家族と、完全に縁を切って、もう二度と会わない、としたのだが。

相手は俺の連絡先や居場所は知らない。
俺は、生涯二度と連絡するつもりはない。

完全にレールを違えただけの話。

そんなことを思いながら、とぼとぼ田舎道を歩いていたのだが
「そういえば、この前免許書きかえたのは、5年前だったよな…(運転してないのでゴールド)
あの頃は…」


あの頃は、無職ヒキ状態から、空手しながら、少しづつ脱していって、それでも家族の仕送りは時々もらったりして完全に切れてなかった。
まださなぎから出たか出ないかのころだった。
実家から、連絡があって本当に鬱になりながら、実家最寄の免許書き換えセンターに行ったのだった。

曇ってたなあ、あの日は。
「いつまでこんな日が続くんだ、早く脱しなきゃ」と思ってたなあ、あの頃は。


そして、それから2年、完全に親と切れようと思った時、自分の身分を保証するものは、この免許証しかなかった。
これをアテに、これだけで住める場所、開ける口座…などを使って、完全に自分の「自由」な範囲で生きていこうと思った。

親から逃げて。

実家から逃げて。



それから、3年。


なんだかんだ色々あったよ…。

いまだに、自信はない。
俺は何をやっているのか。
今の仕事は、本当に誇れる仕事なのか。
本当に、これでやっていけるのか。
自分にとって、誇れる稼ぎ方じゃないのじゃないか…。



そんなこと思いながら。



でも3年!!!!!!



あれから5年!!!!



ああ?
誰だ?

「人は一人で生きてはいけない」「だから、親や社会に逆らわないで生きていけ」
なんてフザけたザレゴト抜かしてやがったタワケは!!!!!!


俺は生きてきたぞ!!!!


どんな仕事をしようと、どんなに後悔しようと、後ろを振り返りながらだろうと


俺は、俺だけの力で、この3年間生き抜いてきてやったぞ!!!!

履歴だ。

3年間の履歴。

ああ、これを見て、「それでも親から離れては生きていけない」とか「一人ではこの社会を生きていくのは不可能」とか、タワゴト言ってやがったやつらは言い訳だろうが!!
お前らの、つるんで生きるしかない、無力さの!
共依存野郎ども!!
つるんで、顔の見えない、大きな「世間」をバックにしか、ものを言えないチキンども!!!
ああ????


「ざまあ!!!」

と、夜道、誰もいない田舎道で叫んでしまった。

俺は生き抜いたぞ、FUCK!!!!!

文句あるか、ざまああああああ!!!!!




まあ、それだけなんだがな。


疲れも飛んだかと思うくらい、いい気分だった。

それだけなんだがな…。


免許の書き変えは、6ヶ月以内なら、講習みたいなものだけで済むらしい。
時間を見つけて、行っとこう。



試合も終わり、減量から解放されたので、定食屋2軒はしごする。
久しぶりにお腹いっぱいになった。


で、さっき帰った。



ああ、ざまあ。
本当にうれしいな。


世間への復讐で、飯がうまい!!!
メシウマ状態!!!!


もう一度。


ざまああ!!!!!!

2009年2月15日日曜日

4位でした…

MACのカラテチャンピオンシップ、4位でした…。

しかも準決勝、三位決定戦、どっちも一本負けでした…。

ていうか、3回連続でこの大会、4位です…。

こんなとこで安定しても困るんだよ…^^;


2時ころに寝て、5時に起きる。

寝付けなくて、すぐに目が覚めた。

でも別に体調は普通。


会場について、なんか体重オーバーしてました!!
0,5キロ…。
なんとか、秘密の方法で落として、違う体重計で計ってもらって、なんとかクリアしました…。

昨日買った体重計だったら2キロも余裕があったのに…。
さすが800円の体重計!買いなおしだな!!


で、1回戦はシード。

2回戦は、栄光会館の黒帯。
すごく動きが硬かったですけど(自分)、普通に勝てました。

3回戦は、星和会館の結構他の大会とかでも入賞してる、強い黒帯。
確かに、パンチとか少し重かった。
前の試合と変わって、離れて足を使ってパンチで来るので、なんとか追いかけてヒザ、ロー、ときどきパンチを入れた。
延長。

少し落ち着いて(疲れてたけど)相手を見ながら打っていくと、少し手数が落ちてきたように思えた。
そして意外と効いてるかも。(妄想かもだが)
それで、なんとか前に出ていって、少し手数が多いくらいで終わって、なんとか判定勝ち。
旗何本かは忘れた。

4回戦(準決)は、これを越えなきゃいけない山なんだなー。
そして今回越えられなかった…。

去年の4月に対戦して、延長で判定負けしたが、最後の手数以外、なんとか応戦できたので、今回はいけると思ってた。

MACの若い軽量級エース。
パンチが重えーよ!
前よりなんか!!
でもローが入ってたので、コツコツいれてこうとする。
パンチヒザを出さずに、下がりながら蹴っていったのもよくなかったと思う。

1分も経たなかったんじゃないかな。
相手がローのフェイントで、俺が蹴り返そうとしたところを、右下突き(たぶん)

「エッー」とか声がもれたのは覚えてる。
ダウン。
3秒で立ったつもりだったが、一本勝ちだった。

その後も、耳がキンキンして、見事にやられた。


三位決定戦は、白蓮の、よくいつも出て、勝ち上がってる人。
こいつとはやってみたいようなやってみたくないようなだったが、ストレスがたまってたので、やりたい気持ちが今回はあった。

相手も、腹を前の試合で合わせ一本で取られてて、ダメージはあるはず、あと右足をいためてたはず。


パンチや蹴りの威力自体は、3回戦でやった人と同じくらいだと思った。
ローを狙いうちして、入ってるので蹴りまくる。
効いてるはずだが、前につっかかってくる。
俺もヒザを入れようとしたのだが、腹のガードが固くてロー主体だけにしてしまった。

一分過ぎくらいか、相手のヒザが俺の腹に入って、やばいかんじになった(前のダメージ)
ガードしながら、ローを蹴り続ける。
相手は腹を狙い打ちしてくる。
が、最後20秒くらいか?
左下突きか何かが入ってしまって、ダウン。

一本負け。


くそ。


相手のほうが、前に出ていたのか?
相手のほうが、腹のダメージをかばえていたのか?
それでもローに耐えてたのはすごいと思う。
というか、俺のローが未熟なんだな。


「勝って反省、負けて感謝。」


今回得てしまったものは、ちょっとMACのエースパワーアップしてる、俺も練習してきたと思ったけど、相手のほうが全然練習してきたんだな、ということ。
上半身のパワーほしいということ。
あとちょっとここには書けない、フィジカルな問題。
あとは、三決では…、テクニック的に相手のほうが狙うとこ狙って、かばうとこかばうことの両方ができてたよな、ということ。


表彰台立ちたくなかった…。
だけどこれが結果だ。


「負けて感謝」


空手で悔しいことは、空手で返すしかないのだ。

2009年2月14日土曜日

ヒマな日

12時~1時に寝て、11時に起きる。

走る。

ヒマ。

2ちゃんやニコニコ動画も飽きて、レン空サイトのリンク集を作り直そうとチェックしたり。
まだできない。
今日はできない。

飯食って、体重計とか買ってきて、今。

明日の用意したし、あとは寝るだけか…。

明日はがんばってきます☆

2009年2月13日金曜日

早寝

4時半に寝て、12時前に起きる。

それでもまだ疲れがとれてない気がする。

子どもの指導。

指導は、一箇所来年の指導場所などがだんだん決まってきた。
もう、幼稚園から離れてもいいよね。

新しく、普通に支部的に立ち上げる。

すき屋で飯食って、接骨院久しぶりに行く。

肩がこってる。

帰ってきて、今。

もう何かやる気もあまり起きそうにないし
ベッドで借りてきた小室直樹の本「論理の方法」でも読みながらまったり寝たい。
寝よう…。

皇居マラソンの動画です(東京MXの)

例の皇居マラソン番組、MXのサイトに動画化しておいてありました~^^

よかったら、どぞ^^


3時半に寝て、11時に起きる。

寝過ごす。

耳栓してたので、気づかなかったのだ。

それにすごく疲れてるみたい。

レン空生徒の家に遅刻。

…もう遅刻何回目だよ^^;

本当すみません。

まだ足が治ってないが、少し動けるので、前手のストレートなど痛くない範囲でやる。

後は、腕だけでのパンチのやり方とか。

「友達とかに、働いてなかったりするのを責められてつらい」とか言う。
まあよく言うのだが。
ていうかこの前まで働いてたんだがな、少し。

まあ最近はそんな深刻でもない。
足が治ったら、少しづつまたやりたいことを聞いていこう。

「君の友達はよく言えば無邪気、世間知らず、ガキなんだわ。田舎ものというか(笑)」
まあ23歳そこそこの田舎上がりの男なんて、そんなもんだろ。
普通に「ニート?がんばれよ」とか半笑いで言うわ。

でもまあ、そのうち多かれ少なかれ、突き当たっていくやつは突き当たる問題なんだわ。
自分の人生、これでいいのか、転職、無職期間。
自分の力だけで生きていこうとするやつほど、問題に当たるだろう。
(当たらないでノーテンキに親元感覚で生きてくやつもいるのかもしれないが)
その時、ニートを笑えるかって、それはだんだん、わかってくるもんなんだな。

「お前はただの現在に過ぎない。」


その後、帰って、少しだけ作業して、疲れて寝てしまう。
起きて、選手クラス。

試合前の稽古あがり。

帰って、少し作業して、銭湯。

帰って、今。


もう寝ますね。

にほんブログ村 社会起業家

2009年2月11日水曜日

明日東京MX放映(しつこい)/FM横浜話してきた/ニートオフ

明日東京MXTV放映です(しつこい)
2月12日(木)TOKYO MX NEWS(17:55~18:25/21:30~22:00)
http://www.mxtv.co.jp/bangumi/

--
FMヨコハマのラジオの収録行ってきました。
20分もなかったですが。

FMヨコハマのブログにもアップされてました。

DJは彼(アレックス)でした。











桜木町・みなとみらいのランドマークタワーです。
横浜って、女の子とかキレイな子多いよな~(そんなのしか見てない)

10階に行って、収録。










「ラジオでレンタル空手家を『レンタル』しちゃいました」みたいなフリでいくらしい。
いちおう着替える。
なぜかミットも持ってきた^^;











スタッフのみなさんフレンドリーな方ばかりでした。
上品だね~

話した内容は、予定ではこんなことでした。
●まず、遠藤さんの本業は?
●遠藤さんが空手をはじめたきっかけは?
●空手での成績を教えてください!
●レンタル空手をはじめたのは、なぜ?
●利用された方の反応は?
●最後に遠藤さんの夢を教えてください!

まあ、トークしながら。

取材されなれてきたのか、普通にしゃべれる。

トークの様子は、CD-Rに採ってもらって、もらいました。

途中で、アレックスが「かわらを割りたいかな」とか言うので、その場で正拳突きを少しやってもらいました。







最後の「夢」はカッコつけて(まあ本音ですが)「レンタル空手家が、必要なくなる世界が夢」とか、くさいことを言いました。











まあ、ちゃんとしゃべれたとは思う。

もらった音声のCDRは、その後会った友達に渡してきたので、今は聞けないけど。

ギャラとか、もちろんないが、まあ経験値と、横浜ではじめて会う人とのお茶と、音声がもらえたということで、まあいいよな。
取材履歴にもなるし。

これからもよろしくお願いできたらとは思う。

--

横浜に行くついでに、ニートラジオの81とはじめて会ってきた。

イケメンでワロタ。

ラジオの声と同じでワロタ。

同世代ってこともあるが、感覚まあ似てるとこあるし、いいかんじに脱力してきてるんだなとか偉そうに思う。
やっぱ依存症抜けてくると、自分の一番大切にしたいものを大切にしよう、って気には少しづつなる。
「普通にもどろう」とかもうしてないんだよな。
少なくとも気持ちでは。

そんなもんなんだわ。
81に関してはいろいろ思うことあるのだが、抽象的だし、ここでは書かないでおく。

あと、有意かかおが来てた。

いったん、俺が収録で抜け、彼らは新宿に行ったので、8時半ころに合流。

あまりいないつもりだった(タバコの煙)
まあでも2時間くらいいたか。

叩きが来てた。

東京来て、ゲストハウス入って、少しづつでも何か先に見えてくるといいよな。
応援するし、住んでる場所も近いし、声かけてくれや。

かかおは、岐阜に行くのだが、これも「今どきっぽい」と思うことでは
「学校進路決まったからって、先が安心できるわけでは、まったくない」ってことだわな。
まあそうなんだよ。
安定とか、もうないから、「銭ゲバ」とかネタで言いたくなるのもわかる。

ニートとか自分で言ってても、みんな楽しく幸せに暮らせればいいよな、つーフツーのやつなんだわな。
みんな。
俺も含めてな。
全然特別じゃなくて、むしろ世の中から一度外れただけあって、世の中全体に関心を向ける目ってのは、「落ちたことないやつ」よりも伸びている。
俺は、それが一番の「ニートのスペック」だと思う。

「社会の中の自分」というのを意識できる。
だからこそ、有意が「これからの社会を変えるのはニート」っていうのもわかるんだわな。

ニートサイトの1が俺が帰るギリギリで来る。
1あいしてうー☆

入れ替わりで帰る。


今日はもう、あと原稿チェックしたら寝ておくか。

あ、忘れてた。
5時に寝て、11時に起きる。(昨日~今日な)

にほんブログ村 社会起業家

東京MXTVに出るよ・12(木)

>放送日が2月12日(木)の TOKYO MX NEWS(17:55~18:25
21:30~22:00)に決まりました。

皇居マラソンの取材してたTV、東京MXがやっと、放送日が決まったようです。

たぶん5分くらいなんじゃないかなー。

でも僕がはじめて、自分の活動でTVに出るのでうれしいです!

東京MXが見られる人、見てみてください!
僕のハウスはたぶん見られないと思います…。

そんなわけで、TV告知でした!

http://www.mxtv.co.jp/bangumi/


あ、あとFM横浜に明日18時40分から少しだけ出ます。
「RADIO DOCK」つー番組。
http://dock.fmyokohama.co.jp/blog/


5時前に寝て、11時に起きる。

なんでこんなに遅いのか忘れちゃった^^;

子どもの指導。

帰って、選手クラス。

選手クラスキツイ><

カレー食って、銭湯。

で今。

ネット関係の作業して、これから少しして寝ます。^^ノシ

にほんブログ村 社会起業家

PS 明日ニートラジオの81有意ニートと横浜あたりでお茶します。
横浜3時集合です。
来たい人はGメールのほうに連絡くれ。
僕は5時過ぎにラジオの収録でいなくなるけど。
(また戻ってくるかは謎。たぶんこない)

2009年2月10日火曜日

落ち込む^^

原因は秘密^^
mixiには書いた^^

3時に寝て、11時に起きる。

子どもの指導。

スパーリングクラス。

他の人、困ってる人のことを多少優先できる人間になりたい。
今日はそれで落ち込んだ。

ナチュラルに。

殺気立ったり、「しなくちゃ」、焦って、じゃなく。

自然に人を思いやれる人間になりたい。

2009年2月8日日曜日

少しやる

4時半に寝て、13時に起きる。

洗濯しまくる。

原稿チェックなど。

夜空手の子どもの指導系の書類とか。

寝たいけど、寝られなさそう。

休み2

3時に寝て、12時に起きる。(たぶん…)

スパーリングクラス。

その後、NHKのディレクターと、番組出演(?参加?)の話で会う。

正直企画がつっこみどころ多すぎる…。

詳しくは書かない(笑)


夜チャットとか見ながら、作業する予定だったのだが、俺しゃべりまくる。
何に飢えてんだ俺…(笑)


たぶん、今思ったんだが、俺の本音とか、一番大事なこととか、聞いてほしいのって、今はニート系とかのやつらなのかもしれないな、とも思う。
知ってほしいとか、わかってほしいとか。
というか、たぶん、ずっとそうだった部分はあると思う。

で、聞いてくれるから。

でもどうなんだろ、本当に聞いてほしいのは、自分の中の誰かになのかもしれない、とも思わないでもない。

自分の中の、あの頃放っておかれてた自分。
どうしようもなく甘い絶望しかできなかった甘ったれてた自分。

「なあ俺、一緒に何かやろうぜ」

にほんブログ村 社会起業家

2009年2月7日土曜日

休みの日/告知とか

結局眠れなくて(たぶん夕方とかに少しだけ寝てたから?)、眠りについたのは3時ころ。
11時に起きる。

走る。

やりたいこと、やったほうがいいこと、などわかっているのだが、モチベーション上げと、雑誌のネタ集めのために、ソーシャルベンチャーサイトを結構ちゃんと見る。
問い合わせたいところも問い合わせていくつもり。

だけど基本的にはダラダラモード?

スパーリングクラス。

夜、ニートラジオで「依存症」についてしゃべってるのを聞く。
まあわかるんだよ。
依存症ってのは、死に直結しやすい。
本人が「治りたい」と腹の底からわかるまで、他の人のおせっかいはほとんど徒労に終わる。

だが、人はなかなか死ぬもんでもない。

2月11日(水)にニートラジオの81と桜木町周辺でお茶か、プールに泳ぎに行きますが、誰か行きませんか~☆

■あと、レンタル空手家の生徒さんで、中学生には全教科、高校は数学と英語を教えられる、という出張教師の人がいるのですが、誰か関心ある人などいませんか?
家庭教師くらいの時給ですが、レベルや事情によって応相談、だそうです。
仕事を作っていけるといいよね。
問い合わせは僕まで~☆

■リスペクトする、うつ病等支援会社ブレイブクールですが、事業を当事者と一緒に立ち上げたそうです。
さすがですね。
詳しくはまだ聞いてませんが、その人のスペックを取り入れて「10分で肩こり解消!」ビジネスだそうです。
こういうのを聞くと勇気がわきますね、僕は。

以上、色々でした☆

2009年2月5日木曜日

コストパフォーマンス

とりあえずコスパってやつを上げとかなきゃな。
自営業は死ぬ。

3時半に寝て、10時に起きる。

ひさしぶりにレン空生徒の家に。

足が痛いので3週間ほど休んでいたのだった。

まだ治っていないので、パンチのみしようとするが、それも痛いので、まあ色々工夫して、控えめに練習をした。

「強さって、余裕ってことだよなー」とかいう話をする。
強いと、余裕が出来てきて、人から気になる自意識が少なくなるってこと。
男の子の場合は、腕力、ケンカの強さが一番わかりやすいよねと。
もちろん、強さ=ケンカの強さ、ではないけれど、それもまた、一理ということ。

帰って、なんだか少し寝てしまい、起きて、今やってるのと別の短い原稿を先に上げてしまう。

2時間くらいでできた。

それから、長い原稿。

今日は、稽古どうしようか迷っていたが、オーバーワークを怖れ、体も動かないことはわかっていたので、休む。
代わりに少しだけ筋トレをするが、これもどうもうまくない。
たぶん、練習もコストパフォーマンスなんだろうな。

原稿を上げる。

今日は、健康になりたいので、もう寝ようかな、と思います。

お仕事とか

4時に寝て、11時に起きる。

クリニックへ空手の指導。

レガース(スネのサポーター)をスタッフが買ってきてくれていた。
予算が下りたのだ。
BODY MAKERで1セット1000円(セール)で8組くらい買って1万円以内に収まったらしい。

これでスパーリングができるようになる。
(ヒザ・ヒジがないので、ライトスパーだが、今までの寸止めよりはずいぶん幅が広がる)

早速、練習の最後のほうに、希望者でライトスパーをしてもらった。
受け返しを今まで結構練習してもらっていたので、けっこうサマになってる^^
親バカ?かもしれんけど。

いや、うまいと思うよ。

今日は顔のヘッドギアつけないでやってもらったので、次か次の次あたりで、ハイキックもまじえたスパーにしていければいいな。

終わったあと、一人の方が「今日はウツってたんですけど、やったらスッキリして消えました」というようなことを言ってきた。
他にも、結構こういう声はあるのだが、あまりそういうことを言わない人(見た目元気そう)だったのでちょっとうれしかった。

そうなんだよねー。
体を動かすことに集中すると、頭の悩みは、一時どっかに置いとかされる。
そんで、意味のない悩みはあまり戻ってこなくなるんだよね。


その後、大戸屋で食って、部屋へ。
原稿作業。

ミットクラス。

松屋で豚汁とご飯。

原稿書き。

で今。

原稿字数少ない。

書く前は多い気もしていたんだがな…。

2009年2月4日水曜日

11日FMヨコハマでます/少しウツってました

出るのはたぶん10分くらいだと思うけど…。
なんか突然連絡が来て、紹介してくれることになりました。

RADIO DOCK

この番組の水曜です。
僕の出るのは、午後6時40分~50分くらいだということです。

どうなるかは謎です。

--
2時に寝て、13時に起きる。
ちょっと睡眠をとっておきたくて…。

起きて、テープを起こしたり、原稿関係をしていたけど、ウツに…。

実は、日曜日の夕方くらいからはじまってたんだけど…。

どうしても仕事がすすまない。

問題は、金のことだ。

僕的に手ごたえのあることをしていても、一銭も入らず、体力も時間も消費されるばかり。

俺はどうなるの?という。

師匠とスカイプで話す。

まあ少し大局的に見れたが、相変わらずうつって、少し寝てしまったり。

その後、選手クラスへ。

カレー食って、銭湯。


選手クラスの後で、先生の部屋の仏壇を移動しに、道場の上の部屋まで行って運んだのだが、思うこと。

俺には、空手で生きる道もあった。

職員になって、専従して、という。

寮の話もあったし、今も、ゆるく、ある。

だが、入らないだろうし、以前は断った。

先生はすごく明るいというわけでもないが、話したりしてると、なんとなく温かい気持ちになる。

たぶん、考えてくれてるのがわかるからだろう。
また「空手をやる俺」というのを認めてくれているからだろう。

だけど、僕は今は会館の職員になったり、自分の支部で子どもや大人の人たちを指導して、試合に出たりもしつつ生計を立てていく道を選ばなかった。

そういう道もあった。

僕は「こっち側」に来た。

こっち側、というのは、今の生活、活動ということだ。



体を動かすと、なんとなく明るくはなれたかもしれなかった。

仕事が終わらない。
だけど今日は寝る。

2009年2月3日火曜日

ボランテイアと生きることとか

1時に寝て、11時に起きる。

子どもの指導。

子どもの指導は、ある意味地に足がついている。

お金が入るから。

まあ子ども指導で今日も来年度からちょっと計画が少しズレそうで色々なんだけどね。

夢でない現実。
「したい」と思っても、ある意味実現可能な先が見える現実。


ただ、その他の自分の活動は、ある意味「夢」だ。

レン空も、イベントも、それ以外の計画も…

地に足がついてない。

お金をどこから引っ張ってきて、コストを補うか。

そしてそれは自分のためだけでいいのか。


…たぶん…、自分のためでいいんだと思うんだよ、最初は。

でも、それでは面白みがないのだけど…。

最初は、自分のことだけでいいのだよ、たぶん。


自分のことばかりでなく、地についてない夢ばかりでもない。

夢を修正しながら、リアルも夢に近づけていきながら、どっちもバランスを見ながら見ながら綱渡りしていくしかない。

夢とリアル。両方が棒の先についていて、綱渡りしてるんよ。

どちらが重すぎても、僕は動けないのよ、きっと…。


やたら抽象的な話なんだが。
今の気分だ。


家に帰って、テープ起こしの続き。
なかなか進まない。


もう寝ます。

2009年2月2日月曜日

81よかったな

今日は名ラジオだった。

まあ81がビビリまくってた友達の結婚式に行ったんだけど…
意外とみんな友達は自分のニートっぷりも気にしてないし、普通に受け入れてくれたのな。
リア充とか勝手に線引き2ちゃんねらーはしてるけど(81自身はしてないんだけど)「リア充」にも彼らなりの悩みはあるし、同じ人間し、普通にしてさらけ出してりゃいいんじゃね?

というお話。
だいたい。

3ヶ月前に、ラジオをはじめる前から、結婚式は気になってたらしいけど、ラジオする前に「もうさらけだそう」と、思ったらしい。

ラジオのノリで「リアル」にも出ていったら、別に敵でもなかった、というお話。

ラジオで81も言ってたけど、ニートとかはすごく気を使ったり「こういうことを言うと相手がこう思うんじゃないか」ということを恐れている、と。

たぶんそれは、就職とか、そういう問題よりももっと先に大きな問題なんじゃないか、と。

そしてそういう「自意識の殻を脱ぐ」チャンスは色んなとこに転がってるし、81の場合、2ちゃんの「ニート 無職 集会所」スレから、(その時僕はいなかったからわからないが)「もう、ちょっとどうにかしないと」と思ったんだろう。
そして、とりあえず「ラジオ」で動いたんだろう。

そういうことなんだと思う。

81の場合、少しよかったな、と。
昨日の結婚式で。


はっきり言って俺は、もう「支援」しようとする気はうせている。

もとから「支援とかうぜえ」とか思ってたけど、レン空の立ち位置的にどうしても「支援」という立場をとっているような気にならざるをえない時があった。

だけど、レン空はじめた時に「支援」と思っていなかったように、最近はまたなくなってきている。

それは、今年の頭、2ちゃんのVIPから派生したニートブログのやつらと出会ったことでもうだんだんはっきりしてきた。

この前のラッキースターボクシングクラブもそうだし。

「自分から『やろう』と思ってやりはじめたこと」
これがやはり「ニート」とかに限らず、人間を動かしたり、続かせたりするものだと思うよ。
押し付けの「訪問活動」とかじゃなく。

ラッキースターもそう。
元当事者が、できることだけをやっている。
試行錯誤を繰り返しながら。

「支援」とかする気はないよ。
もう。
ここ1年で少しそういう風があったけど。
僕自身もうまくいかなかった。

それよりも、普通に、こういう、等身大で自分を生きれるやつらと、普通に、気負うことなく、一緒に友達になって暮らしていきたい。
そうしていくにはただ金がいるだけで、困ったときにはお互い少しは何かできるようにはなれたらいいな、と、ぼんやり思うだけだ。


「ニート」とか関係ないんだよ。
俺は好きなやつは好きだし、そうでないやつはそうでない。


いいじゃねえか、みんな笑って生きられたらさ。


それだけさ。

それにはきっと、ちょっとした楽しい工夫がいるだけなのさ。



1時に寝て、6時半に起きる。

筑波山登ってきました。

詳しいことはリンク先を見てください。


この登ってきた人たちもそうだったけど、自分で「治そう」と思って、運動とかしはじめて、はじめて良くなってきた。
何がまわりの友達にできることだってんだ???


信頼できるセコンドでいたい。

僕自身も、一人で戦いはするけど、セコンドがいてくれたら、素直にうれしい。


それだけだろ。


笑って、生きたい。
泣いてもいいし。
笑って、みんなで暮らしていきたい。

2009年2月1日日曜日

笑えれば

笑えれば

5時に寝て、13時に起きる。

スパーリングクラス。

その後、板橋の施設にボランティアイベントの打ち上げに顔を出しに行く。
おじいちゃんおばあちゃんの友達を作りに行くために。

例のプロジェクトだが、まずは本当にどんな生活をしていて、何が好きなのか、何が大事なのか…、知っていきたいよな。

ガツガツいきたくない。
それはたぶん僕自身がおばあちゃんとかも好きだからだろう。

時間が1時間弱しかなかったので、3人ほどの方とお話するしかできなかった。

でもやっぱり、話してるとなんかいいよな。

孫の楽器発表の映像を編集したい、とかおっしゃってた。

他にもいろいろあるだろう。

名刺だけ渡す。

ていうか有意のニートと一緒でした^^


帰って、ボクシングのテープ起こしをする。
1時間分もできなかった。


明日は早いので、もう寝るか。


「すべてがうまくいくはず そう信じているのに
なぜかあせって ぐらついて ジタバタするけど…」

にほんブログ村 社会起業家